【登山基礎】4つの “水・確保術” とザックに忍ばせたい便利グッズ4選

登山で絶対に必要な水。今回は、万が一のときのための水確保術と便利グッズを紹介!しっかり準備をして登山を楽しもう


水計画立てている? 補充が必要な場合も

飲料水として必要なことは言うまでもありませんが、何かと必要になる水。特に長期にわたる縦走やテン泊では水の補充が必要な場合もあります。毎回山小屋でタイミングよく購入できるとは限らないので、いざというときのために基本の水の確保術をマスターしよう!

覚えておこう! 4つの水の確保術

①沢や川で水を確保!ただし必ず浄水器でろ過するか、煮沸して!

山には多くの川や沢があります。足元やまわりには危険がないか十分注意した上で、水をくみましょう。
ただし、見た目には無味無臭に見えても様々なものが含まれている可能性があるため、必ず浄水器などでろ過をするか煮沸しましょう。

②登山地図の水場マークを確認! 飲用可でも心配であれば、念のため煮沸しよう

登山地図には水マークがあり、いわゆる水場の場所がわかるのですが落とし穴が!まず、湧水・ろ過した水なのかがわからないため基本的には、浄水器でろ過をするか煮沸するのが安心です。また、地図に記載はあっても環境や状況の変化で使えない・なくなっているという可能性もあるので注意しましょう。


③山小屋で水を購入! 水場があることも

物資の運搬に限りがあるため必ずあるとは限りませんが、飲料水を販売している山小屋は多くあるので購入するのも手です。また、水場がある山小屋も。


④雪山ならではの水作り! 煮沸した後は、ジョウゴにコーヒーフィルターなどで綺麗な水にしよう

テン泊する際に、翌日分の飲料水を確保するのにおすすめな方法。底に小石や砂などが混ざっていることがあるため、煮沸した後はジョウゴにコーヒーフィルターを装着し綺麗にしてから容器にうつそう。

1つは欲しい!要チェックな “便利グッズ” 4選

あれば安心!携帯浄水器

ソーヤー ミニ SP128
ITEM
ソーヤー ミニ SP128
先日、山小屋にて使用。
水場が雪渓だったため、雪を溶かして飲料水を作りました。
その際、ソーヤーミニで浄化したところ、濁りのない水ができました。
味も雪を溶かした水とは思えないぐらい変な味はしませんでした。
登山のいい装備ができました。
帰宅して付属の注射器にて洗浄したところ、真っ黒な水がたくさん出てきました。
洗浄は大切なようですね。浄水時にとりのぞかれた不純物でしょう。

・・・いい買い物しましたよ。買って良かったです。 出典:アマゾン

セイシェル携帯浄水ボトル
ITEM
セイシェル携帯浄水ボトル
ボトルに水を入れて蓋を閉め押すだけで、ろ過された水がでてくる優れもの。世界40か国以上でテストされ国際赤十字社などの採用実績も。
縦走登山の軽量化に購入しました。水を担ぎ上げないので荷物がかなり軽量化しました。今回、南アルプス縦走に持って行き、狐の居住区なのでエキノコックス対策に沢水をろ過してみました。水を入れて蓋を力いっぱい閉めないと、ろ過する時、水が漏れてろ過した水と混ざります。水を絞る時も力が要ります。蓋は力いっぱい閉めるのでパッキンの破損が気になりますが、交換フィルターにはパッキンが付属していません。今のところ問題なく使用できています。 出典:アマゾン



折りたたみで楽々パッキング! ジョウゴ

セイラス 折り畳みシリコンじょうご
ITEM
セイラス 折り畳みシリコンじょうご

1ℓが使いやすい?折りたためて便利なプラティパス

プラティパス ソフトボトル 1.0L
ITEM
プラティパス ソフトボトル 1.0L
以前は2リットルのを使っていましたが、破損してしまい、1リットルを2つにしました。 
2リットルは案外大きくかさばるので、こちらの方が使い勝手は全然いいです。 出典:アマゾン

水は絶対にきらさない!しっかり準備して登山しよう

いかがでしたか?万が一水が足りなくなってしまった場合、何らかの理由で必要な場合に備えて携帯浄水器などザックに忍ばせておけば安心ですね。安全に楽しく登山をしよう!

economize water
を大切に!

ヤマレコ

紹介されたアイテム

ソーヤー ミニ SP128

ソーヤー ミニ SP128

¥4,320 税込

セイシェル携帯浄水ボトル

セイシェル携帯浄水ボトル

¥7,560 税込

セイラス 折り畳みシリコンじょうご

セイラス 折り畳みシリコンじょうご

¥386 税込

プラティパス ソフトボトル 1.0L

プラティパス ソフトボトル 1.0L

¥1,296 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

あなたにオススメ

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」